革製品は、乾燥と水気・湿気に弱い素材です。
乾燥した場合は、皮革専用オイルで油分を補う必要がありますし、水に濡れてしまった場合は、できる限り早く適切な処置をする必要があります。

例えば、濡れた所だけを乾かすと、その部分が染みになってしまう場合があります。
そんな場合は、水で濡らしてよく絞ったタオルを、革表面に軽く当てるようにして、満遍なく叩くように拭いていくとマダラ模様になるのを防げます。
拭き終わったら、日の当たらない場所で自然乾燥させます。
直射日光で乾燥させると、革を傷めてしまう恐れがあるので決してしないように。
定期的に、革製品専用のワックスを使って、お手入れしてあげることで長持ちします。

革製品を長期にわたって保管する場合は、カビが生えないよう湿気に気をつけ、風通しの良い場所で保管して下さい。
また、しまいっぱなしにせず、定期的に取り出し、風に当ててあげることで、カビ対策になります。
靴やバッグなどは、古新聞を丸めて入れておくと、型崩れ防止と湿気吸収が期待できますのでお勧めします。http://xn--zlr224b6l2afje.xyz/