シアターコクーンで2017年に上演されていた舞台「陥没」をDVDで見ました。
オリンピックを間近に控えた昭和38年の東京。そんな時代の流れに沿って建設された、複合娯楽施設付きホテルを舞台に物語は繰り広げられていきます。こういうストレートプレイを見るのは初めてだったのですが、喜劇で初心者にもわかりやすく楽しめる内容でした。
施工主亡きあと、施設を切り盛りする娘役を小池栄子さんが素晴らしい存在感で演じておられます。緒川たまきさんという女優さんを今回初めて知ったのですが、小池さんとおそろいの制服姿がとても素敵で、あうんの呼吸で演技されていて何度も笑ってしまいました。
そんな小池栄子さんの元夫役として登場する井上芳雄さんは、真っ白なテニスウエアも颯爽と着こなしていて、足の長さとスタイルのよさには惚れ惚れとしてしまいますね。亡くなった人がおばけとして登場し、その場をかき回すという展開も面白かったです。最後に瞳と是晴がよりを戻すシーンにはほろりとさせられました。
生のステージを見に行く機会はなかなかないですが、またこういった作品をDVDで色々と見てみたいなと思いました。シースリー 効果