ここ何年かの遊びのはやりといえば、スタートワールド、サバイバル、サンドボックス、クラフトの4つが何とか際立つ。
GTAなんかを筆頭に、昔から残るランクだけれども、マインクラフトなんかはじわじわと興味を伸ばし、今はあのドラクエさえもが型を取り入れたりして初めて一般的なランクへと変わりつつある。レゴのような世界気分で自分で世界をクラフトしていく。

パソコン遊びではどうにか落ち着いたといえ、上記の4つをかしこく全員入りさせたポストアポカリプスと呼ばれる遊びが興味。
いまや一番と当てはまるFallout関連に、ゾンビサバイバルのDayz、H1Z1等も人気で、変り種としては極寒の世界や海底でサバイバルを楽しむ存在もある。

どの遊びも共通しているのは圧倒的に自由で、圧倒的に不都合な場です。
狙いと意義は受け取るが、そのほかには何も無い。
遊び内で実現できるエリアとはいえ醍醐味ができるが、そこまでは何も無く、特に不都合な後片付けから悪戦苦闘で自由を受け取るという条目で共通していらっしゃる。

一昔前の遊びは与えられた台本を楽しんで出向くのが主流だった。
そこはやっぱ非真実への目当てとか妄想とかそんな楽しみ方だったと思うけれど、今のこれらはそっちもプレイヤーに任せていらっしゃる。
真実もそういった成行はあるけれど、つぎつぎこなせることははびこるのに、自由というものを求めてしまうのは、ほとんどザクザク真実が不都合になっているって箇所なんじゃないかとなんとなく思ってしまった。

そういう今年は3DVR遊び元年とも言える年になるわけで、もう戻ってこれない個々が生まれてきてもおかしくないんじゃないかなと、
海底をサバイバルしながら思ってしまった。