空模様などについて勉学しました。大雨は、間雨が15cm以下だ。霧雨はしつこい層雲から降ります。にわか雨は、対流性の雲から降ります。スノーは層状の雲から降ります。にわかスノーは、対流性の雲から降ります。みぞれは大雨とスノーが共々降ります。次は、エアーの触発(気圧)についてだ。長さ約1mの一門を閉じたガラス管に水銀を満たし、逆さにして水銀の入った器の中に立てます。管内の水銀事はおちて、下の器の水銀事から約76cmのところでとまります。こういう水銀の重さによる触発と気圧が、器の水銀事でつりあいます。これを、トリチェリの検証といいます。1気圧=1013.25(hPa)(ヘクトパスカル)だ。高気圧は、中心の気圧がまわりより高い所にあり、そよ風(気圧の高い方から低い方に向かって吹く)は右手見回り(アラーム見回り)に吹き出します。レギュラー付近の気流は下降気流で、空模様は良いです。低気圧は、中心の気圧がまわりより酷い所にあり、左手見回り(半時計見回り)に吹きこみます。レギュラー付近の気流は加算気流で、空模様は悪いです。勉強して良かったです。