Month: 4月 2017

朝、コピー機を使おうとした時の赤ちゃん…

今日、コンビニでコピーしようと思った時のこと。

前は、コピー機ってお札が使えなかったじゃないですか?

予め、レジで「コピーの為、両替してもらえませんか?」
と言うと、「今は、お札も使えますけどね(笑)」と。

え?と思うも、そのまま両替してもらいコピー機へ。

なんと、お札を入れるところが!

今のコピー機ってお札も入るんですね。

知りませんでした。

コピーしようとフタを開けると、
何か写真が2毎日入っていました。

多分、
誰かがコピーしてそのまま忘れてしまったものかと思います。

チラッと拝見すると、赤ちゃんの写真。

とってもめんこかったです。

でも、赤ちゃんの写真なら持ち主が
取りに来るはずですので、コンビニのおじさんへ。

これが、ちょうど両替してもらったおじさんが
私の横で端末をピッピッとしていたんです。

なので、またコンビニのおじさんにお世話に…。

「見つかると良いですね」と言うと、
「そうですね、取りに来て欲しいですね」とニッコリ。

持ち主さん取りに来て欲しいなあ。

古第三紀や新第三紀などに関しまして学校をした

古第三紀や第四紀などにあたって演習をしました。古第三紀の優しい海には大形yes孔虫のカヘイ石が、また古第三紀から新第三紀にわたっての汽水には巻き貝のビカリアなどがすんでいました。日本ではビカリアの製造は滅多に新第三紀中新世の地層に限られます。ナウマンゾウは、明治時代に日本の地質組織を調査したエドムンド・ナウマンにちなんで命名されました。植物では裸子植物にかわって裸子植物のバラエティ化が進みました。ただし、古第三紀後期(約3000万ご時世傍)には寒気化に転じ、新第三紀前期(1500万ご時世傍)以降はちっちゃなチェンジはありましたが、基本的に寒気な天気が続き、250万ご時世傍ところから氷河ができはじめました。次は、第四紀においてだ。第四紀は新生代の最後の260万年間であり、極めて寒気なご時世(氷河)が何度かありました。このようなことを覚えましたが、知らなかったことがどうにもあったので知れて良かったですし、時間があるときに復習したいだ。